So-net無料ブログ作成
検索選択

キャバクラに“黒服”強盗、店長の骨折り22万円奪う(産経新聞)

 27日午前1時10分ごろ、大阪市北区堂山町のキャバクラ店「ツキウサギ」に2人組の男が押し入り、1人で閉店作業中の男性店長(36)に殴るけるの暴行を加え、カウンターに置いてあった売上金16万円と、現金6万円などが入った男性店長の財布を奪って逃げた。店長は肋骨(ろっこつ)や鼻の骨を折る重傷。曽根崎署は強盗致傷容疑で捜査している。

 同署の調べでは、男らはいずれも黒っぽい服で、目出し帽で顔を隠し、終始無言だったという。現場はJR大阪駅東側の繁華街。

【関連記事】
平成23年度の国家公務員採用を抑制 総務相が表明
原口総務相、ユーストリーム会見を定例化へ 「広報媒体の一つ」
大量の迷惑メールで衆院に障害 発信元や目的は不明
ネット選挙 解禁範囲の議論始める 与野党協議機関
pixivが注意呼び掛け「不健全な出会い目的のユーザーがいる」
「裸の王様」次に座るのは…

<時効廃止>改正刑事訴訟法成立へ 未解決事件にも適用(毎日新聞)
「法事で市議会欠席」…実は支援者と中国旅行(読売新聞)
<温室ガス>削減目標達成しても2割増 独研究チーム試算(毎日新聞)
<政府>閣僚と全国知事会長ら 地域活性化などで意見交換(毎日新聞)
運送業への安全指導「民間に」…仕分け3日目(読売新聞)

<日韓議連>新会長に渡部恒三氏 政権交代で自民・森氏から(毎日新聞)

 超党派の国会議員でつくる日韓議員連盟の新会長に民主党の渡部恒三・元衆院副議長が就任する見通しとなった。超党派議連の会長ポストは自民党議員が務めるケースが多く、民主党は政権交代後、ポストの「明け渡し」を働きかけてきた。渡部氏は民主党内の「非小沢」系の代表格だが、現会長の森喜朗元首相が民主党の小沢一郎幹事長を通じ渡部氏を後任に指名した。

 3氏は衆院当選14回の同期の関係。小沢氏は今月上旬、渡部氏に「森氏は『ナベさん(渡部氏)なら快く後を引き継げる』と言っている」と伝えたという。

 同議連は75年設立。会長経験者には竹下登元首相や伊藤宗一郎元衆院議長ら自民党の大物が名を連ね、01年から森氏が会長を務めている。【高山祐】

【関連ニュース
水俣病:鳩山首相「改めておわび」 救済策の閣議決定で
普天間移設:連立内から「5月末は無理」
民主党:参院選「与党過半数割れ」危機感
ネット選挙:参院選から解禁検討 民主が改正案提出へ
鳩山首相:秘書官が米副長官と会談 普天間は話題にならず

週末は冷え込む?農作物被害に注意呼びかけ(読売新聞)
「事務系副大臣」を検討=事務次官は廃止−仙谷担当相(時事通信)
郵便局から200万円強奪 警察署員が取り押さえ(産経新聞)
プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(産経新聞)
築地市場の現在地再整備を検討、都が新組織(読売新聞)

春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)

 穏やかな春の陽気の翌日は、一転して真冬並みの寒さに――。

 この春は気温の乱高下が激しく、16日も東京都心は朝から冷え込み、予想最高気温は約7度にとどまる。天候不順で野菜が値上がりし、都心のデパートではコートの売り上げがアップ。気まぐれな空模様が、春の商戦やイベントを左右している。

 「4月にコートを店先に飾るなんて、記憶にありません」。16日午前、東京・池袋の東武百貨店池袋店の婦人服フロアで、女性店員(28)はマネキンにトレンチコートを着せながら苦笑いした。

 このフロアでは百貨店の担当者が毎朝、気温をチェックしているが、最近は各店頭の飾り付けを、暑い日はノースリーブ、寒い日はコートなどにそろえるよう心掛けている。その結果からか、4月はコートの売り上げが前年同月比で約40%増になったという。

 気象庁によると、3月以降の都心の最高気温は、20度以上の日が9日あった一方、10度以下の日も7日に上った。この時期は例年、北からの寒気と南からの暖気がぶつかり、寒暖が繰り返される傾向にあるが、今春の激しい変化は、その寒気と暖気が例年より強かったことが影響している。

 南米ペルー沖の赤道付近の海面水温が異常に上昇するエルニーニョ現象などの影響で、日本の南側では高気圧が例年より強くなった。逆に日本の北側では、北極付近の気圧が例年より高くなった影響で、強い寒気が気圧の低い日本付近に流れ込みやすくなった。

 また、強い寒気と暖気がぶつかったことで、前線を伴う低気圧も多く発生し、西日本から北日本にかけて大量の雨と日照時間の減少をもたらした。

 季節外れの雪が降るところもあった。神奈川・箱根の山岳部では16日未明から降り出し、芦ノ湖周辺では約10センチもの積雪に。同県小田原土木事務所は「こんな時期に除雪するほど降るなんて、少なくともこの10年ほどはなかった」と驚く。標高877メートルの筑波山(茨城県)でも同日朝、270メートル付近の筑波山神社で雪が降ったという。

 ◆野菜高騰、ネギは2倍◆

 こうした気候の変調は野菜の成育を遅らせている。東京都中央卸売市場によると、大田市場(大田区)の4月2〜8日の市況では、千葉県産のネギが出荷量の減少に伴い、前年比で約2倍に高騰。神奈川県産のキャベツや埼玉県産のキュウリなど、多くの種類で値上がりした。

 野菜の値上がりについて、赤松農相は16日の閣議後の記者会見で、「(農家に)前倒しで早出ししてもらうよう、多少でも努力をしてもらう。値段の安定に努めたい」と述べた。

 これから桜の本番を迎える東北地方でも、4月に入って寒さが戻っており、イベントの動向を左右している。仙台市の桜の名所、榴岡(つつじがおか)公園(宮城野区)では、地元の実行委員会が花見のイベントを10、11日に企画したところ、桜の開花が間に合わなかった。

 一方、青森県弘前市の弘前公園では、ここ2年続けて開花が例年より早まり、5月初めには散っていたが、今年は寒さの影響で開花が遅れる見込み。同市の観光担当者は、「今年は桜のピークがちょうど大型連休にかかるので、たくさんの観光客に満開の桜を楽しんでもらえそう」と歓迎している。

私生活も“カツマー” 努力主義…幸せ?(産経新聞)
「偽札の捜査中」点検するふり、バッグ盗む(読売新聞)
アカウミガメ 産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)
勤務していたピザ店に刃物強盗、売上金奪う 容疑の男逮捕(産経新聞)
<阿久根市議会>市長不信任案を全会一致で否決(毎日新聞)

普天間、首相責任論を懸念=社民幹事長(時事通信)

 社民党の重野安正幹事長は15日の記者会見で、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場の移設問題を5月末までに決着させると繰り返していることについて、「どういう勝算を持って言っているのか分からないが、言えば言うほど、そうならなかったときにどうするかという度合いが強くなる」と述べ、首相の責任論に発展しかねないとの懸念を示した。
 重野氏は「(政府が移設先として検討している)沖縄や徳之島では、ますます反対運動が激しくなっている。5月末までに結論を出すことは日を追って難しくなっている」と指摘した。 

高齢夫婦、無理心中か=札幌(時事通信)
<事業仕分け>独法、57の研究系を整理統合 人件費削減へ(毎日新聞)
次世代車、10年後20〜50%=国内販売で目標−経産省(時事通信)
博多湾で人の頭部見つかる…諸賀さんか(読売新聞)
国民新、参院選で3人公認(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。